yellowblog
あちこち駆け回ってメダルを1パック確保したお父さん。どうしてそこまでして妖怪メダルを買ってあげるんですか?という問いに「昔父親が並んでスーパーファミコンを買ってくれたのをずっと覚えていて、自分の子供にもそうしてあげたいから」って言っててほっこしりた
yellowblog

日本人特有の遺伝子とは?

島国であり人の出入りが少なかった日本人は、世界でも稀な古代血統とされるY遺伝子D系統を多く持つ人種である。
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf
D型は日本人とチベット人に固有。チベットからの大集団の移動があったことを示す。

Y染色体は父親から子(男子)に受け継がれる遺伝子。日本人はY染色体DNAのD系統を高頻度で持つ事で有名である。世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAをもっているが、他の世界のどこにもほとんど存在しない。さらに日本のすぐ近くの朝鮮半島や中国人がアジア特有のO系統であり、孤立したD系統を持つ日本人の異質さが際立って見える。

またこのD系統はYAP型とも言われ、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布するE系統の仲間であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統である。東アジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、島国の日本や山岳のチベットにのみD系統が残ったと考えられる。

D2系統はアイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本42~56%(参考までチベット33%)で、韓国ほぼ0%である。アイヌにはアジア主流のO系統は無く、完全なD系統であり、本土日本人と沖縄人にはO系統が混ざっている。それでも本土日本人のD系統は半数以上である。つまり事実上アイヌと本土日本人は大差がなく、アイヌにアジア主流のO系統を足したのが本土日本人となる。