sytoh
JASRACの分配データがコンピュータ化されていないという恐ろしい事 態に直面している{会場から「そんなことはない」との発言}。なぜかというと、私 は過去、自作のビデオ——作品名を言うと『怪奇大作戦』だが、徴収漏れがあり、自 分で調べ上げた結果、360万円くらいの徴収漏れが判明し、入金もあった。その後、 他社でも何回かビデオ化されているということが、詳しい人からもらったデータで判 明したので、「私に払っているかどうか、過去にさかのぼって調べて欲しい」と JASRACに言ったところ、調査すると言ったまま約3ヶ月たっても答えがない。なぜか と訊いたら、データがコンピュータ化されておらず、外部に託してある倉庫の、山の 様な書類を何人もの手で調べ直しているので時間がかかっているとのこと。  世界中で、日本では著作権管理を一元的にやっているのはJASRACだけ。それが、デ ータをコンピュータ化していないというのは、あまりにも情けなさすぎる。コンピュ ータ化していないというのは事実かどうか。事実なら、いつからデータ化するのか答 えてほしい。作家にパスワードを与え、自分で自分の作品がいつどういう風に使われ たのかくらいは知りたい。今の分配明細書では、結果の金額しか書かれておらず、ど この誰がどの曲をどういう風に使用したか全く分からない。データ化すれば一発で分 かる。絶対にデータ化してほしい。
 次に、私はあえて『爆弾発言』をする。私は先ほどの『怪奇大作戦』についての調 査報告の中で、1985年以前の書類は廃棄されているとの報告を受けた。事実なら重大 な法律違反だ。著作権というのは作家の死後50年まである。その間に書類廃棄とはい かなることか、事実をはっきりさせてほしい。
bellebelle
japaneseaesthetics:

Tsuba, in the form of a crane with outstreched wings.  Iron.  17th century, Japan.  The RöhsskaMuseum, of Design, Fashion and Decorative Arts , Sweden.
A tsuba is a sword guard that forms the boundary between the blade and the grip. Its chief functions are to balance the sword, prevent the hand from reaching the blade and to protect the hand from an adversary’s cuts. Apart from the aperture for the blade there was often an opening in the Tsuba for a small knife – a kodzuka – and sometimes another hole for the kogai a Samurai would use to dress his hair. Early designs were simple and emphasis was primarily on function, but during the Edo period (1603–1868) there was a demand for luxury objects and the tsuba became increasingly more of an artistic embellishment and status symbol whose chief purpose was to communicate its owner’s social status.

japaneseaesthetics:

Tsuba, in the form of a crane with outstreched wings.  Iron.  17th century, Japan.  The RöhsskaMuseum, of Design, Fashion and Decorative Arts , Sweden.

A tsuba is a sword guard that forms the boundary between the blade and the grip. Its chief functions are to balance the sword, prevent the hand from reaching the blade and to protect the hand from an adversary’s cuts. Apart from the aperture for the blade there was often an opening in the Tsuba for a small knife – a kodzuka – and sometimes another hole for the kogai a Samurai would use to dress his hair. Early designs were simple and emphasis was primarily on function, but during the Edo period (1603–1868) there was a demand for luxury objects and the tsuba became increasingly more of an artistic embellishment and status symbol whose chief purpose was to communicate its owner’s social status.